研究活動について

北海道大学 大学院医学研究科・医学部

北海道大学病院

関連サイト

Research Archives 腫瘍内科学分野

アクセス

研究活動について

 研究面では、遺伝子・分子の情報を癌の診断・層別化・治療効果予測・個別化治療に応用する研究を中心に行っています。現在、教室の主なテーマとしては、以下のようなものがあります。

1.
ドライバー遺伝子に対する分子標的治療による個別化治療の開発
2.
肺癌における転写因子AP-1をターゲットにした治療の基礎的研究
3.
肺癌や大腸癌における幹細胞マーカーの発現に関する研究
4.
肺癌幹細胞と薬剤感受性に関する研究
5.
肺癌、食道癌、胃癌における糖転移酵素(GnT-Vおよびα1,6-FT)の発現に関する研究
6.
ポリコーム遺伝子EZH2の非小細胞肺癌における発現と、その新規小分子阻害薬の治療効果に関する研究
7.
EGFR阻害薬耐性に関する研究
8.
ベンツピレンやシリカ暴露によるヒト気管支上皮細胞のトランスフォーメションと遺伝子発現に関する研究

また、北海道や全国の施設と共同で分子標的薬や抗がん薬の臨床試験に取り組み、新しいがん薬物療法の臨床開発に力を注いでいます。